麻布十番 たぬき煎餅
個人情報保護方針サイトマップ 
会社案内
たぬき煎餅トップへ
商品のご紹介
当店のこだわり
店舗のご紹介
催事情報
店主の独り言
会社案内
お問い合せ

麻布十番商店街振興組合
たぬき煎餅 販売店 日本橋高島屋/地下1階食品売場 渋谷東急東横店/東横のれん街
店主よりございさつ
「たぬき煎餅」三代目当主 日 永 治 樹

 私ども、「たぬき煎餅」は昭和3(1928)年の創業以来、全国各地から足を運んでくださるお客様からの、「美味しい」の一言を頂戴するために、煎餅を焼いてまいりました。
 創業は当時の浅草区柳橋で、祖父・日永圓蔵が創業者でした。当時、代表的な花柳界の街だった柳橋で、芸者衆の口伝えにより柳橋名物となり、大繁盛になりました。この噂が、昭和7(1932)年に宮内省との縁を結ぶことになり、煎餅屋として唯一の「宮内省御用達」になりました。
 現在は、東京は麻布十番に店を構えております。東京大空襲によって柳橋の店は戦火に見舞われ、二代目で父の清が血の滲むような思いで、店を麻布十番に移して再興しました。昭和39(1964)年には清が社長になり、堅実に成長を続け、現在、三代目の私に引き継がれております。
 圓蔵が「たぬき煎餅」と命名しましたのは、多くのお客様に愛されるようにという願いが込められていたいっぽうで、「他を抜く」という意味もあわせ持たせていました。煎餅屋として「日本一になりたい」という、圓蔵の大きな願いが込められていました。
 私どもは日々、創業者の思いを胸に秘め、圓蔵より伝わる直伝の手法で焼き、お客様に満足いただける煎餅の味を守り続けてまいりました。今後もたぬき煎餅を愛する多くのお客様のために、煎餅屋家業に精進してまいりたいと思っております。

「たぬき煎餅」三代目当主 日 永 治 樹


会社概要
 社名  株式会社 たぬき煎餅
 住所  東京都港区麻布十番1-9-13
 会社設立  昭和44年5月1日
 創業  昭和3年1月
 資本金  2,000万円
 決算期  4月
 従業員数  27名
 取引銀行  りそな銀行 麻布支店
   三菱東京UFJ銀行 麻布支店
   みずほ銀行 麻布支店
   三井住友銀行 渋谷支店
   さわやか信用金庫 麻布支店
 役員  日永治樹・日永光子・高田耕治・日永房美
麻布十番 たぬき煎餅本店


[営業品目]
 米菓  大狸・小狸・古狸・わらべ狸・たぬ吉・元気狸・天間狸・狸のしっぽ など


[施設概要]
 本社  東京都港区麻布十番1-9-13
 関西支社  滋賀工場 滋賀県愛知郡愛荘町中宿57
 日本橋店  日本橋高島屋 和菓子売場
 渋谷店  東急百貨店東横店 東横のれん街
このページの上へ